カメレオンについて

カメレオンは普段ほとんど目にすることが無いためあまり知られていませんが、とっても魅力的な生き物です。

頭を動かさず目だけを動かして周囲を探る様子は賢者にも例えられ、錬金術や紋章学では熟慮や賢者のシンボルでもあります。

特に爬虫類に興味がない人に「カメレオンってどんな生物?」と質問してもほとんどの人が大まかなカメレオン像とそう変わりのないイメージを答えることができます。
それは大きな目をきょろきょろさせている様子だったり、体色を変化させることができる能力だったり、舌を長く伸ばして餌を捕らえることだったり、、、
それほど特徴的な能力をもった生き物ということです。


カメレオンは古代ギリシャ語で小さいを意味する"khamai"とライオンを意味する"leon"の合成語で、
初めはその語源に違和感を覚えましたが、飼育しているうちになるほどなと、名付けた人の気持ちが分かりました。


生態は人間と同じ昼行性なので起きている間に観察を楽しむことができます。
また、ほとんどの種類は樹上性で主な天敵は鳥や蛇なので、上から鷲掴みにされたり上からの視線を嫌がります。
耳は進化の過程で体の中に埋まっていてほとんど聞こえません。かなりの割合で五感の視覚を頼りに生きているので、
基本的に水も餌も動きがないと反応してくれません。
野生では地面に降りることはほとんど無いとされていますが、
飼ってみるとそんなことは無いです。頻繁に地面をぶらぶら散歩します。
動きはとってもゆっくりのんびりで睡眠時間も10時間程度と生涯の半分近く寝ています。
そんな怠け姿もカメレオンの魅力の一つです。見ていて癒されます。
脱走の心配はまずありません。

また人間を判別できるようです。
実際、うちの子は父親に対してだけ威嚇行動をする時期がありました。


寿命は種類にもよりますが平均して5〜7年程度と少し短めです。


カメレオンの魅力に魅せられて「飼ってみたい」と思う人は少なく無いと思いますが、飼う前に知っておいて欲しいことがあります。 詳しくは”飼育について”でも説明しますが、

カメレオンは基本的に犬や猫のように触れ合って楽しむ生き物ではないということです。
爬虫類は人間に慣れることはあっても懐くことはないと言われています。私は懐くと信じていますが。

また、カメレオンの主食は昆虫です。
カメレオンを飼うことは生き餌を飼うことでもあり生き餌をうまく育てられなければカメレオンが不健康な食生活を送ることになります。
カメレオンはよく餌の選り好みをすることでも有名なので何種類かの昆虫と接することになります。
なので昆虫が苦手な人には厳しいかもしれません。

また、カメレオンにとって日本は暑すぎるし寒すぎます。 爬虫類全般に言えることですが変温動物にとって温度管理は重要で、基本的に空調で管理するので部屋一つ丸ごとカメレオン部屋になる覚悟が必要です。

以上を踏まえて是非カメレオンライフをご検討ください!

inserted by FC2 system